TOP

肩を落としている君!風俗体験談読んで行こう、風俗へ。

「隣の奥さん」な人妻でした

まさに「隣の奥さん」とも言うべき札幌の人妻風俗嬢との時間を楽しんできました。身近感とでも言うんでしょうかね。札幌風俗の人妻って綺麗系が多いじゃないですか。隣の奥さんというよりもむしろあまり身近感がない非日常的な綺麗な奥さん。そんな感じですけど、彼女はそうじゃなくて本当に身近な雰囲気の強い親近感のある札幌の人妻風俗嬢だったんです。それが良かったですね。そういった存在だからこそ、自分も燃えたというかいつも以上に感情移入することになったんじゃないかなと思いましたね。身近だからこそ、なんだか日常感というかリアリティというか、「こういった人妻と楽しみたいな」と思ったんですよね。明らかに自分の日常生活では登場しないようなタイプではなく、それこそ出勤の時とかうっかり会いそうな人妻。それが良かったんですよね。キメキメの綺麗な人妻も嫌いじゃないですけど、彼女のような普通な雰囲気の人妻もそそられるものなんだなってことに気付かされました。

女の子に罪はない

前回の札幌風俗は反省点もあります。それは自分自身の段取りですね。70分だったんです。多分性欲が強い人やアグレッシブな人であれば2発は行けるでしょう。でも自分ははっきり言って悩みました。1発抜いてあとはまったりするか、あるいは2発目にするか。彼女と会う前はとりあえずその時の状況に任せようと思っていたんですけど、本当に微妙な時間で1発目が発射されたんです。多分30分とかそのくらいでしょうかね。だから2発目どうしようか物凄く迷ったんです。相手の札幌風俗嬢もどうする?みたいに聞いてくれたんです。自分としては一発目がとても気持ち良かったのでこれで良いかなと思いつつ、せっかくだしもう一発抜いてもらおうかなという気持ちも少しではありますがあったんですよね。でも結局そのまま2発目に行ったんですけど、少し考える時間があったのと、あとは二発目ということでどうしても時間も足りなければイキづらくてタイムアップ。これから札幌風俗では計画性も大切だなと。